みんな真剣…!?

0

    気が付けばゴールデンウイークも明けて1週間。

     

     

    そして約1ヶ月ぶりとなるブログ…(´∀`;)

     

     

    時間の流れが早く感じる今日この頃、ひさびさのアップです手

     

     

    サボってたわけではないですからね。

     

     

    とても大事なことなので、もう一度言いましょう、

     

     

    サボってたわけでは…ないっ!ゴメンナサ-イ

     

     

     

     

     

     

     

    さて今回ご紹介するのは、連休前に行った小野先生による『外郎粽』の授業。

     

    外郎とは(ういろう)と読み、うるち米から製粉した粉をベースに

     

    お砂糖と、ほんの少しの餅粉を加え蒸して作るお菓子です。

     

    お餅とお団子の中間といった感じの食感でしょうかポイント

     

    流動状の生地なので、枠を使って蒸します。

     

    P1060778.JPGP1060777.JPG

     

    蒸れて固まってきたら、生地をでっちて再度蒸します。

     

    ※【でっちる】とは、布巾を使ってたたむように揉みまとめ生地全体を均一にすることです。

     

     

    P1060782.JPGP1060784.JPG

     

    完全に蒸れたら、手蜜で硬さ按配をとります。

     

    冷めると硬くなるので、食べるときの硬さを想像して調節します。

     

    とても熱いはずなんですが涼しい顔、余裕ッすね!

     

    P1060785.JPGP1060786.JPG

     

    分割して成形、よそ見はいけませんよ〜むっつり

     

    P1060789.JPGP1060792.JPG

     

    さてここからが難しいところ!今回は粽(ちまき)仕上げですので、

     

    成形した外郎生地を笹の葉で包み、い草で巻いていきます!

     

    P1060798.JPGP1060794.JPG

    P1060795.JPGP1060797.JPG

     

    古くは「ちがや」という植物の葉で包んでいたため、

     

    ちまきと呼ばれるようになったらしいです。

     

    もともとは、もち米にタケノコやお肉などの具材を一緒に入れて

     

    蒸し上げていたそうです。

     

     

     

     

    さあ、みんな上手に巻けるかな?

     

     

    P1060799.JPGP1060802.JPG

    P1060800.JPGP1060792.JPG

     

    こうやってやるんだよー、と河合先生き

     

    みんな真剣な表情です!!!!?

     

     

     

    できあがりはこちら↓↓

     

    CIMG9657.JPG

     

    涼しげですね〜

     

    最近はだいぶ気温も上がってきて暑くなってきましたね 汗

     

    衛生面に気を付けて、美味しくて安全なお菓子をつくりましょうDocomo102

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 昨日は2学年和菓子科の授業でした

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM